とつか町だより

アクセスカウンタ

zoom RSS 中根千枝「タテ社会の人間学」

<<   作成日時 : 2005/04/23 17:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

タテ社会の人間関係―単一社会の理論
38年前のベストセラー。ぼくが買ったのは第105刷(!)でした。
しかし、内容はさほど古くなっていない。
現在の日本社会を論じた本のように錯覚してしまいます。
昭和42年と平成17年。。。
日本の社会はあまり変わってないようですね。
特に会社組織については、中根の指摘はほとんどそのまま今のものにも当てはまるものが多いです。
少しずつ変わってきているとは思うけど。

とは言え、「日本社会は〜である」式の断定は、今はあまり流行らないですよね。
なんというか、ポスト・モダン以前の書物だなあ、という感じは持ちました。
タテ社会の人間関係 (講談社現代新書)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中根千枝「タテ社会の人間学」 とつか町だより/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる