とつか町だより

アクセスカウンタ

zoom RSS 村山談話

<<   作成日時 : 2005/04/14 00:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

わが国は、遠くない過去の一時期、国策を誤り、戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ、植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。私は、未来に誤ち無からしめんとするが故に、疑うべくもないこの歴史の事実を謙虚に受け止め、ここにあらためて痛切な反省の意を表し、心からのお詫びの気持ちを表明いたします。また、この歴史がもたらした内外すべての犠牲者に深い哀悼の念を捧げます。
敗戦の日から50周年を迎えた今日、わが国は、深い反省に立ち、独善的なナショナリズムを排し、責任ある国際社会の一員として国際協調を促進し、それを通じて、平和の理念と民主主義とを押し広めていかなければなりません。同時に、わが国は、唯一の被爆国としての体験を踏まえて、核兵器の究極の廃絶を目指し、核不拡散体制の強化など、国際的な軍縮を積極的に推進していくことが肝要であります。これこそ、過去に対するつぐないとなり、犠牲となられた方々の御霊を鎮めるゆえんとなると、私は信じております。

あらためて読んでみると、これ以上ないくらい「過去を直視」してるなあと思う。さすがはトンちゃん。
ここまで反省して謝っても評価してもらえないというのは、どういうことなのかなあ。
「口では謝っても靖国神社に参拝してるじゃないか」というのが彼らの理屈か。
ぼく自身は公人の靖国神社参拝には大反対だけど、国内問題であると思う。
ともあれ、隣人は選べないのであって、どううまくやって行くかを考えるのが外交ってもので、ちゃんと謝ってるのにこういう事態になってしまっているのは、やはり政府の責任でしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
村山談話 とつか町だより/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる