とつか町だより

アクセスカウンタ

zoom RSS 小湊鉄道・いすみ鉄道

<<   作成日時 : 2009/08/22 08:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2009年5月24日

この日は3歳児を連れて、房総半島鉄道の旅をしてきました。
まずは東京駅から特急「さざなみ」で五井へ。車内はガラガラで、ディズニーランドや幕張副都心など眺めながら、おにぎりやサンドイッチの軽い昼食。五井からは小湊鉄道です。この時点ではどこまで行くか決めてなかったのですが、次に出るのが養老渓谷行きで、終点上総中野まで行く列車は1時間半くらい待たないとありません。とりあえず養老渓谷行きに乗り込むことにします。
小湊鉄道は1両編成の古いディーゼルカーで、昼時ということもあってか乗車率はまあまあ。子連れのぼくたちに乗客の方が運転席横の座席を譲って下さいました。市原市は臨海工業地帯のイメージがありますが、小湊鉄道で少し内陸に入るとたちまちのどかな田園風景となります。遮断機のない踏切が多く、しかもカーブだらけなので、運転手さんは踏切の手前で大きな警笛を鳴らします。行き先を決めずに乗ったので、車内ではどこで降りるか検討。市原ぞうの国というのがあるので行ってみようかとも思いましたが、3歳児が眠ってしまったので、結局この列車の終点養老渓谷まで乗りました。当然のことながら列車が山奥に入っていくに連れて乗客は減り、養老渓谷駅まで乗っていたのはぼくたちだけでした。
養老渓谷駅で降りると、3歳児も目を覚ましました。しかし同時にあいにくの雨が降り始め、ちょっと散歩というわけにも行かない状況に。ここまで来たら次の上総中野行きを待って、いすみ鉄道にも乗ろうと、養老渓谷駅を切り盛りしてる売店のおばさんから「房総半島横断記念きっぷ」を買います。おばさんから「足湯に入っていったら? タオルも売ってますよ」と勧められ、駅に併設の足湯でしばらくくつろぎました。3歳児も気に入ったようです。
養老渓谷から上総中野までは1駅ですが、いちおう内房から外房に抜けたことになります。小湊鉄道では上総中野駅だけが市原市ではなく夷隅郡大多喜町の所在となっています。上総中野駅というのは、鉄道ファンにはおなじみの駅名ですが、本当に2本の鉄道が接続しているだけの場所という感じ。隣の線路にいすみ鉄道の黄色いレールバスが停まっています。
画像

いすみ鉄道に乗り込むと、ぼくたちの他にも房総半島横断の鉄道旅をしていると思われる旅行客が数組いるようで、乗車率はまあまあ。3歳児は整理券の発券機を見て、バスみたいな電車だと喜んでます。大多喜城なども眺めつつ、終点大原へ。大原からは特急「わかしお」で帰りました。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小湊鉄道・いすみ鉄道 とつか町だより/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる