とつか町だより

アクセスカウンタ

zoom RSS 鴎外・祇園・顛末

<<   作成日時 : 2006/04/08 18:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

日本語文字コードを巡る混乱について、以前から少しばかり関心を持っている。
以前に仕事でシステムのバージョンアップをしたときに、「祇園支店」の「祇」の字が正しく出なくなったというクレームを受けたことがある。当時は問題の本質がよく分からなかったのだが、これは要するに「JIS X 0208-1983」によって生じた多くの混乱の一つであったらしい。1983年の改訂は非常に問題の多いもので、勝手に文字の形が変わったり、もっとひどいのは「第一水準」と「第二水準」の間でコードの入れ替えが行われてしまっている。こういう変更は、文字コードに限らず、コードとしては禁じ手であって、この改訂がJISコードの評判を落としているのは確かなようである。

さて、その「JIS X 0208-1983」のせいで気持ち悪い漢字が主にコンピュータの画面上にたくさん出現してしまったのだが、特に目にする機会が多いものとして、前述の「祇園」のほかに、「森鴎外」「顛末」などがある。「鴎外」じゃぜんぜん文豪という感じがしないし、「顛」という字はなんだか間が抜けていて迫力に欠ける。鴎や顛については、Unicodeには別字で「區+鳥(U+9DD7、鷗)」や「眞+頁(U+985A、顚)」が用意されているのだが、このことはむしろ問題をややこしくするだけだろう。

「祇園」について言うと、コンピュータ上では「ネ+氏」で表示されていても、一般的には「示+氏」が使われていると思っていたが、最近流れているJR東海のCMでは「ネ+氏」が使われていた。「祇園」じゃなんだか藝妓さんが歩いているような雰囲気がないような気がするんだけどな。示偏(シメスヘン)は「ネ」でも「示」でも同じというのがJISの建前(包摂規準)であり、たとえば「榊」という字なんかは「ネ」でも「示」でもさほど文字の印象は変わらないのだが、「祇」とか「祁」のように旁の画数が少ない文字だとずいぶん印象が変わってしまう。「JIS X 0213:2004」という最新の規格では両方とも「例示字形」が「ネ」から「示」に変わっており、こちらの方が良いと感覚的には思うけど、この規準を実装するとなるとまたいろいろ混乱が起こるんだろうなあ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
 以前より鴎外を鷗外と表記できないものかと思っておりましたので、unicodeの存在を知りすっきりしました。ありがとうございました。
hanamegane
2006/10/14 12:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
鴎外・祇園・顛末 とつか町だより/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる