とつか町だより

アクセスカウンタ

zoom RSS 10代へのタミフル処方中止

<<   作成日時 : 2007/03/24 11:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

厚生労働省が従来の見解を見直して、タミフルと異常行動の因果関係について虚心坦懐に再調査を行う方針を出しましたね。中外製薬からの寄付や天下りの問題も出てきたりして、輿論はすっかりタミフル原因説に傾いているようですが、改めて冷静な分析と判断が必要になってくると考えます。

その矢先、タミフルを服用していない10代インフルエンザ患者の転落事故の報道がありました。タミフルを服用した場合、しない場合の異常行動の事例を集めないと、因果関係は分からないですよね。従来、「タミフル服用後」の例ばかりが報道されてきたという傾向はあるかもしれません。ただ、死亡にまで至る例がタミフル服用後ばかりだというのは明らかに気になるので、とにかくよく調査してほしいですね。

関係があるかどうか分かりませんが、ぼくの好きな「パンは危険な食べ物」というジョークを紹介しておきます。
アメリカ合衆国における調査により、パンは非常に危険な食べ物であることが分かった。
・犯罪者の98%はパンを食べている。
・パンを日常的に食べて育った子供の約半数は、テストが平均点以下である。
・暴力的犯罪の90%は、パンを食べてから24時間以内に起きている。
・パンは中毒症状を引き起こす。被験者に最初はパンと水を与え、後に水だけを与える実験をすると、2日もしないうちにパンを異常にほしがる。
・新生児にパンを与えると、のどをつまらせて苦しがる。
・18世紀、どの家も各自でパンを焼いていた頃、平均寿命は50歳だった。
・パンを食べるアメリカ人のほとんどは、重大な科学的事実と無意味な統計の区別がつかない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
10代へのタミフル処方中止 とつか町だより/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる